2006年02月16日

本日

昨日15日の東京株式市場は主力株を中心に軟調な展開でした。

日経平均株価は始値16,302円と前日終値16,184円から118円高くスタートし、
取引開始直後に16,312円まで買われる場面がありましたが
売り物も多くもみ合い、後場に入るとズルズルと値を下げる動きとなり、
引けは252円安の15,932円と下落した。

このところ日経平均先物を中心に値動きが荒く、
昨日の高値16,302円は売り場を作るための上げであった。
上値に慎重になりつつあり、戻り待ちに戻りなしといったところか。

現状では下げトレンドに入ったと言い切る事は難しいが、
個別銘柄において売り転換してきたものが多く、
信用買い残も悪化している。
この状況からは高値16,777円を抜く確立は低いといえるでしょう。

中途半端な位置での押し目買いは痛い目にあいます。


投資にあたっての最終判断はご自身でお願いします。








posted by カブキチ at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13348515

この記事へのトラックバック

2秒で簡単に追加できます!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。