2006年02月15日

本日は

14日の日経平均株価は猛反発して307円高の16,184円の高値で引けました。
ザラバ安値は15,691円、そこから493円戻しての高値16,184円引けでした。

戻りというのはあるもので、一方的に下げ続けることはありません。
今後は前回高値を更新していくのか、昨日の安値を下回るのかの
どちらかになりますが、それによって方向が決まります。
現状ではどちらに行くのかはっきりと決まっていませんので
静観すべき局面ではないでしょうか。

個別銘柄を見ると売り転換した銘柄がかなり見られます。
しかし新規売りも一両日は待ちがよろしいのでは。


投資にあたっての最終判断はご自身でお願いします。






posted by カブキチ at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

2秒で簡単に追加できます!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。